KOBIさんの江戸前釣り雑記

2020年09月

きよし丸からのフグ釣行。

今回は厳しい釣りになっちゃいました。


DSC_7111
乗船者は5名。

3日前のテンヤタチウオ釣りのメンバーとほぼ同じ。

釣り座は左舷トモに取りました。


DSC_7112
シオケンさん父子とご一緒しました。

前夜午前様の息子氏は父に準備を任せて、居眠り中。


DSC_7113
釣り場はいつもの大貫沖です。

前日に一番良かったというポイントでスタートしましたが、気配は薄く、本命ショウサイフグはシオケンさんが釣った1尾だけで移動となっちゃいました。


DSC_7114
その後、どこもアタリが出ずに、転々と移動して、フグを探索です。

しかし、どこもダメですねぇ・・・

たまに釣れるのは外道のサバフグだけです。

シオケンさんが35cm級のトラフグを釣ったのが、船中唯一の盛り上がりかな。


そんな中、何ヶ所かのポイントを巡ったところで、キャストでのアタリで掛けました。

しかし、それまでサバフグ等の外道しか釣れていなかったので、確信なくリーリングしてくると・・・

  ↓ ↓

DSC_7124
ショウサイフグが釣れました~

10:15、ボウズ脱出です。(ホッ)


1尾釣れたので、期待しちゃいましたが、その後は続いてくれません。

他のメンバーも釣れず、程なく、移動となっちゃいました。


DSC_7116
その後も、各所を巡りますが、ダメです。

なかなかショウサイフグに巡り会えませんね。

厳しいですっ。


DSC_7117
サバフグはポツリポツリと釣れましたが、煩いという程ではなかったです。

ギマも少なめでした。


DSC_7121
途中、シオケンさんの息子氏が1キロ級のトラフグをキャッチ!

それならばと、私もトラフグ狙いをイメージした釣りをしたりしてみますが、ダメですね。

この日はフォールで先糸を噛み切られたのが2回あったのですが、これはトラフグの可能性もあったような。

でも、姿を見なくちゃ、何とも言えませんね。


DSC_7123
終盤、K山さんがショウサイフグを連発的に2尾釣ったので、期待感が高まりましたが、やっぱり、それっきり。

う~ん・・・・


DSC_7125
船長も最後まで最善を尽くしてくれましたが、残念ながら、女神は微笑んでくれず、そのまま沖上がり時刻になってしまいました。

船長談「今期一番の撃沈でした」



釣果は、30cmのショウサイフグ 1尾。

外道は、サバフグ12尾くらい、ギマ1尾、トラギス2尾、ホタテウミヘビ1尾。

船中釣果は0~2尾とのことでした。


何とかしたかったけど、何にもできませんでした。

次回また頑張りましょ。


〈釣行メモ〉 (令和2年9月22日(祝) フグ釣り 於:鴨居港「きよし丸」)

【潮 汐】 満潮7:47、干潮13:27(中潮
【潮 色】 やや澄み
【天 候】 〔天気〕晴れ後くもり、〔風〕北東6m → 3mくらい
【釣り場】 大貫沖(水深8m前後)
【釣り座】 左舷トモ〔乗船者5名〕
【タックル】〔竿〕伝助君作の湾フグ竿、〔リール〕スティーレ101XG(レフトハンドル)、〔道糸〕PE0.6号
【仕掛け】カットウ仕掛けオンリー(ノーマル仕掛け)、オモリ約5.5~9号。
【釣 果】 ショウサイフグ 1尾(30cm)
【船中釣果】0~2尾


きよし丸からテンヤタチウオ釣りのリクエスト出船です。

シオケンさんとご一緒してきました。


テンヤタチウオ釣りは数年前に本場の関西で少しだけやったことがあるのですが、関東では初めての挑戦です。


DSC_7083
出船前、船長が腰を痛めてしまって、出船が危ぶまれましたが、大事には至らず、予定通りに出船することができました。

参加者は5名。

釣り座は左舷胴の間に取りました。


DSC_7085
専用竿を持っていないので、アジのビシ竿を使ってみました。(シオケンさん情報を参考)

使い勝手は良かったのですが、この日のタチウオの活性剤にはちょっと硬過ぎたみたいです。


電動リールを使うのも久しぶりです。

右手巻にするか、左手巻にするか、迷ったのですが、タチウオのパワーに対抗するために右手巻にして(竿を脇に挟むため)、これは正解でしたね。


20200919073948
タチウオテンヤにイワシをセットしました。

イワシは持参です。

錦糸町の魚屋と釣具屋を巡って、何とか調達できました。

情報通り、大きめのサイズの方がアタリは多いように感じましたね。


DSC_7090
釣り場は走水~馬堀沖周辺でした。

水深は60m前後。

船長からは、水深と魚探反応が出ているタナのアナウンスがありましたね。


DSC_7092
誘いはテキトー。

コマセシャクリのような誘いとか、電動スロー巻&チョコチョコ誘いとか。

事前に、マニュアル本やYouTubeで学習していったのですが、何だかよく判らず、我流でやっていましたね。


DSC_7093
しばらくして、ヒット!

大して引かないなぁ~と思っていたら、この日最小サイズの90cm級のタチウオでした。

それでも、まずは型を見れて一安心です。


DSC_7098
その後はポツリポツリと釣れてくれます。

アタリでアワせて掛けられないことも結構あって、熱くさせられちゃいますね。

誘いは電動スロー巻&チョコチョコ誘いをメインにやっています。


釣れるタチウオは110cm級の良サイズが主体で、そのクラスになると、掛けた時の重量感も迫力があります。


5尾まではまずまず順調に釣れたのですが、6尾目を水面でバラしてから、アタリもあまり出せなくなって、アタってもなかなか掛けられなくなって、スランプ状態に陥ってしまいました。

これは食いが渋めになって、誘いが合わなかったことと(電動スロー巻オンリーが良かったみたい)、竿が硬めでアタリを弾いてしまっていたことが原因だったようです。

経験値がないので、その場ですぐには気が付かないですね。


DSC_7096
シオケンさんです。

シオケンさんもテンヤタチウオは初めて。

良~大型メインに迫力ある釣りを楽しんでいましたね。


DSC_7099
その後は、試行錯誤しながら、ポツポツと追釣できましたが、上手く釣れたとは言えなかったですね。

そんなに甘くはなかったです。


20200919142927
最終釣果は、90~110cm級のタチウオ 9本。

100cm以下が3本、110cm級の良型が6本でした。

普段、タチウオ釣りはやらないので、断言はできないのですが、確かにテンヤ釣りは良型主体に釣れるように思います。

船中釣果は、?~20本くらい。

竿頭はK山さんで、次頭は12本とのことでしたから、ダントツのトップでしたね。

シオケンさんは私と同じ9本でしたが、良型ばかり釣っていたような。


テンヤタチウオは期待以上に面白い釣りでした。

良型を掛けた時のズシっという重量感は何とも言えない快感ですね。

きよし丸がまた出船する機会に、もう1回行ってみたいと思っていますよ。


〈釣行メモ〉 (令和2年9月19日(土) テンヤタチウオ釣り 於:鴨居港「きよし丸」)

【潮 汐】 干潮12:04(中潮
【潮 色】 薄濁り
【天 候】 〔天気〕くもり後一時晴れ、〔風〕北東3m → 5mくらい
【釣り場】 東京湾西側各所(水深60m前後)
【釣り座】 左舷胴の間〔乗船者5名〕
【タックル】〔竿〕リーディングXサソイ100-150cm、〔リール〕シーボーグ150S(ライトハンドル)、〔道糸〕PE2号(先糸フロロ12号1m)
【仕掛け】タチウオテンヤ50号各種。
【釣 果】 タチウオ 9尾(90~110cm級)
【船中釣果】?~20尾くらい


浦安の吉野屋さんからのフグ釣行です。


DSC_7044
平日釣行ということもあって、フグ船の乗船者は11名。

吉野屋さんにしては、ガラ空きでしたね。


DSC_7047
ちょっと早めに船宿に到着したら、な~んと!大ドモが空いていて、迷わずにゲットしちゃいました。

吉野屋さんのフグ船で大ドモに座るなんて、記憶にないくらいです。


DSC_7051
この日は富津沖でスタート。

富津沖→大貫沖→木更津沖と巡りました。


富津沖では完全潮先ポジションでしたが、残念ながら、型を出せず。

船中何尾か釣れる程度だったので、難しかった状況ではあったのですが、有利な条件だったので、何とかしたかったですね。


DSC_7063
大貫沖では転々と各所を探りました。

2箇所で型を見れて、計8尾釣れました。

大貫沖でもほとんど有利な条件で釣ることができたのはラッキーでしたね。


DSC_7068
終盤の約1時間半は木更津沖で釣りました。

コチラでは完全潮尻ポジションの難しい条件でしたが、上手く釣れて(自画自賛ですね)、8尾追釣できました。


DSC_7071
最終釣果はショウサイフグ15尾、アカメふぐ1尾の計16尾。

外道は、マゴチ1尾(40cm)、サバフグ5尾くらい、ギマ10尾くらい他でした。

船中釣果は1~16尾とのことでした。


詳しくは→コチラにて


〈釣行メモ〉 (令和2年9月16日(水) フグ釣り 於:浦安「吉野屋」)

【潮 汐】 干潮10:22(大潮
【潮 色】 薄濁り
【天 候】 〔天気〕くもり後一時晴れ、〔風〕北東5m → 北3mくらい
【釣り場】 富津沖 → 大貫沖 → 木更津沖(水深5~10 mくらい)
【釣り座】 左舷トモ〔乗船者11名〕
【タックル】〔竿〕伝助君作の湾フグ竿、〔リール〕スティーレ101XG(レフトハンドル)、〔道糸〕PE0.6号
【仕掛け】カットウ仕掛けオンリー(ノーマル仕掛け)、オモリ約5.5~11号。
【釣 果】 ショウサイフグ 15尾(22~30cm)、アカメふぐ 1尾(24cm)の計16尾
【船中釣果】1~16尾


この週末は根岸丸からシロギス釣行。

根岸丸からのシロギス釣行は3ヶ月振りでした。


DSC_7002
前日の土曜日が悪天候だったこともあってか、この日はシロギス船、アジ船とも満員の盛況でしたね。


DSC_7003
シロギス船の乗船者は10名。(コロナ対応で定員を10名に制限しています)

釣り座は左舷トモに取りました。


DSC_7008
今回は天秤用のタックル、胴突き用のタックルをそれぞれセットしておきました。

天秤用のえさ政スペシャルは数年前までメインロッドとして使っていた竿です。

最近は胴突きで釣ることが多くなって、フグ竿をメインに使っていますが、今回えさ政SPを使ってみて、その調子はやっぱり秀逸に思えましたね。


DSC_7005
前日、本命ポイントの中ノ瀬がイシモチや小アジなどの外道が多かったとのことで、この日は根岸湾内でスタート。

天秤仕掛けで始めてみます。

しかし、2箇所で仕掛けを入れたものの、外道の小ダイが煩く、シロギスは3尾釣れただけで、早々に中ノ瀬に移動となりました。


DSC_7006
中ノ瀬は潮が流れず、アタリの出方はイマイチでした。

ミヨシ突っ込み気味に船を動かしているので、ポジション的には潮尻。

魚影も濃い感触はなかったです。

そんな条件なので、キャストして広めに探って、1尾でも釣れたら、その周辺を再び狙っていくようなイメージで釣って、ポツリポツリ・・・

外道はパックンチョが少し煩い程度でしたね。


DSC_7012
20cm超の良型が半分近く入って、サイズは納得。

勇樹船長も「サイズは悪くないので、ここで少しやってみます」と言っていましたね。


1時間半で15尾くらい釣れましたが、その後、スランプ的に釣れなくなっちゃいました。

胴突き仕掛けに替えてみたけど、即効性はなく、50分間も釣れない時間を作ってしまいました。


20200913112825
シロギスが釣れない間に、まあまあサイズのマダイ(34cm&560g)が釣れました。

引き込みをいなしながらのヤリトリでしたが、ハリス1.2号だったので、多少余裕を持って取り込めましたね。


DSC_7020
スランプの時間帯を挟んで、11時半頃にようやく20尾をクリア。


胴突きでも釣れましたが、マジック的な釣れ方はないですし、しばらくして、また天秤に戻して、そのまま通してしまいましたね。


ポツリポツリとアタリは出ますが、朝方よりも食い込みは浅くなってきた感触もあるので、誘いの後のステイをも少し長めに取ったり、餌の青イソメも太めな部分は使わないようにしたりして対応しました。


DSC_7023
ラスト1時間は少し上手のエリアに移動して、幾らかペースアップ。

魚の活性もあったようで、天秤での誘いに反応してくれる感触もありました。


DSC_7024
最終釣果は、13~23cmのシロギス 42尾。

外道は、マダイ1尾(34cm、560g)、ホウボウ1尾(31cm)、アカメふぐ1尾(27cm)、マルアジ(35cm級)、イシモチ1尾(30cm級)、小サメ1尾、小アジ3尾、チビマダイ5尾くらい、パックンチョ20尾くらい、小メゴチ・トラギス類少々。

船中釣果は14~42尾。

次頭は41尾のO田さん(左ミヨシ)でした。


〈釣行メモ〉 (令和2年9月13日(日) シロギス釣り(ショート船) 於:磯子「根岸丸」)

【潮 汐】 干潮7:59、満潮15:16(若潮)
【潮 色】 薄濁り
【天 候】 〔天気〕くもり、〔風〕北東~東寄り微風 → 2mくらい
【釣り場】 根岸湾内 → 中ノ瀬(水深17mくらい)  
【釣り座】 左舷トモ(乗船者10名)
【タックル】《天秤》〔竿〕えさ政きすSP180、〔リール〕アルデバランMg7(レフトハンドル)、〔道糸〕PE0.6号
《胴突き》〔竿〕リアランサーX 湾フグ180、〔リール〕メタニウムDCXG(レフトハンドル)、〔道糸〕PE0.6号
【仕掛け】《天秤》振り分け2本針60×25cm or 50×20cm(ハリス1.2号 or 1号、針キスSP8号、オモリ15号)
《胴突き》2本針仕掛け(ハリス1.2号(上下とも)35cm、ハリス間隔42cm、捨て糸10cm、針キスSP8号、オモリ15号)
【釣 果】 シロギス 42尾(13~23cm)
【船中釣果】14〜42尾

先週に続いて、きよし丸からフグ釣行です。

先週はツ抜けに至らず、厳しい釣りになりましたが、果たして今回は・・・


DSC_6948
乗船者は5名。

釣り座は右舷トモに取りました。


DSC_6949
釣り場はいつも通りに大貫沖でしたが、今回は遙か彼方にある台風の影響で、大きな波長のうねりがあるということで、沖目のポイントでスタートしました。

この辺の判断は船長の経験則によるものなんでしょう。


しかし、ショウサイフグの気配は無く、船中型見ずで移動となりました。

ここでは、K山さんが1キロ級のトラフグを釣ったのが唯一の盛り上がりでしたね。


DSC_6950
やや際寄りに進んで、根周りのポイントに移動しました。

先週は平坦なポイントを攻めて、気配が良くなかったので、根周りを狙ったというところでしょうか。

しかし、根周りも不発でした。

2箇所で仕掛けを入れましたが、船中型見ず。

ちょっと怪しい雰囲気ですねぇ・・・

ひょっとしたら、大撃沈の日になってしまうかも・・・


DSC_6956
朝イチで、まずまずサイズのトラフグを釣ったK山さんだけは余裕の雰囲気でしたね。

船長を含め、他のメンバーは早々にボウズの心配をしています。(笑)


DSC_6951
根周りもダメで、平坦なポイントを狙うことに・・・


しばらくして、左トモのI原さんが本命ショウサイフグをキャッチっ!

これを見て、我々も期待感が出てきましたし、船長もホッとしていましたね。


程なく、私にもショウサイフグが釣れてくれて、ボウズ脱出。

時刻は9:45・・・・ホッと一安心でした~。


その後もポツリポツリと釣れてくれます。

2、3尾釣れるとアタリが止まってしまい、またしばらくすると、アタリが戻ってくるというパターンが多いかな。

キャストしても釣れますが、船下狙いでも釣れてくれます。

サバフグも混じりますが、そんなに煩いってことはないですね。


DSC_6955
何年振りかで、ニベを釣りました。

美味な魚なので、歓迎の外道です。

滅多に釣れない魚なので、途中から、ニベ狙いでカットウの上にエダス仕掛けを付けてみたのですが、スケベ心は不発でニベは釣れず。

しかし、そのエダスでショウサイフグを何尾か釣れたのはラッキーでしたね。


DSC_6952
この日は、フグは宙層の餌に特に反応する感触で、船下狙いでの上下の誘いに底上でアタることが多かったです。

底上でアタリが出て、そのまま底まで仕掛けを下ろしていって、底でのアタリで掛ける・・・・これは独特の緊張感があって、堪りませんね。

なかなか、一発で掛けられなかったのはもどかしかったんですけど。


そんな状況だったので、仕掛けを少し浮かせて置き竿にしていてもアタリが出たりしましたね。

置き竿にして、水分補給をしている時にアタリが出て、慌てて竿を持ったりする光景は滑稽だったと思います。(笑)


DSC_6962
11:30頃にツ抜け。

序盤はどうなることかと心配しちゃいましたが、目標釣果をクリアできましたね。


その後も断続的にアタリが出てくれて、12:30頃には15尾まで釣れました。


しかし、その後は潮尻ポジションになって、ちょっと厳しい展開になってしまいました。

ラインが手前に入っていく潮向きなので、船下を丁寧に誘うイメージで釣りますが、思うようにアタリを出せません。

それならばと、チラシ仕掛けに替えて、キャストして釣ってみたりもしますが、ダメですね。

潮尻でも何とか結果を出したいところですが、なかなか思うようにはいきません。


DSC_6960
終盤はちょっと落ち着かない釣りをしてしまって、チャンスを逃したこともあったかもしれません。

ジタバタしないで、船下でじっくりと釣った方が良かったように思います。

辛抱が足りませんね。


結局、ラスト2時間は5尾しか追釣できずに、沖上がり時刻を迎えました。


DSC_6959
最終釣果は、23~28cmのショウサイフグ 20尾でした。

外道は、ニベ1尾(31cm)、サバフグ10尾くらい、イイダコ2杯、ギマ1尾、アカエイ1尾。

船中釣果は10~20尾とのことでしたね。


序盤はなかなか型を見れなくて、心配しちゃいましたが、流石はきよし船長、良いポイントに当てて、釣らせてくれました。

結局、釣れたポイントでは移動することなく、1イカリで済ませちゃいましたね。


参考までに、翌日は朝イチから、このエリアで動くことなく釣って、船中20~35尾の爆釣果だったとのこと。

来週も期待できる?

きよし船長が鮎釣りに行っている間に、僚船に釣られちゃうだろうなぁ~。

でも、来週は釣り物を替える予定なので、まあイイっか。


〈釣行メモ〉 (令和2年9月5日(土) フグ釣り 於:鴨居港「きよし丸」)

【潮 汐】 満潮6:11、干潮12:27(中潮
【潮 色】 薄濁り
【天 候】 〔天気〕晴れ、〔風〕北東3m → 東北東6mくらい
【釣り場】 大貫沖(水深8~10 mくらい)
【釣り座】 右舷トモ〔乗船者5名〕
【タックル】〔竿〕伝助君作の湾フグ竿 or メタリア湾フグ175、〔リール〕スティーレ101XG or メタニウムDCXG(レフトハンドル)、〔道糸〕PE0.6号
【仕掛け】カットウ仕掛けオンリー(ノーマル仕掛け) or カットウ+食わせ1本 or チラシ仕掛け、オモリ約4.5~10号。
【釣 果】 ショウサイフグ 20尾(23~28cm)
【船中釣果】10~20尾


このページのトップヘ