きよし丸からのフグ釣行。

今回は厳しい釣りになっちゃいました。


DSC_7111
乗船者は5名。

3日前のテンヤタチウオ釣りのメンバーとほぼ同じ。

釣り座は左舷トモに取りました。


DSC_7112
シオケンさん父子とご一緒しました。

前夜午前様の息子氏は父に準備を任せて、居眠り中。


DSC_7113
釣り場はいつもの大貫沖です。

前日に一番良かったというポイントでスタートしましたが、気配は薄く、本命ショウサイフグはシオケンさんが釣った1尾だけで移動となっちゃいました。


DSC_7114
その後、どこもアタリが出ずに、転々と移動して、フグを探索です。

しかし、どこもダメですねぇ・・・

たまに釣れるのは外道のサバフグだけです。

シオケンさんが35cm級のトラフグを釣ったのが、船中唯一の盛り上がりかな。


そんな中、何ヶ所かのポイントを巡ったところで、キャストでのアタリで掛けました。

しかし、それまでサバフグ等の外道しか釣れていなかったので、確信なくリーリングしてくると・・・

  ↓ ↓

DSC_7124
ショウサイフグが釣れました~

10:15、ボウズ脱出です。(ホッ)


1尾釣れたので、期待しちゃいましたが、その後は続いてくれません。

他のメンバーも釣れず、程なく、移動となっちゃいました。


DSC_7116
その後も、各所を巡りますが、ダメです。

なかなかショウサイフグに巡り会えませんね。

厳しいですっ。


DSC_7117
サバフグはポツリポツリと釣れましたが、煩いという程ではなかったです。

ギマも少なめでした。


DSC_7121
途中、シオケンさんの息子氏が1キロ級のトラフグをキャッチ!

それならばと、私もトラフグ狙いをイメージした釣りをしたりしてみますが、ダメですね。

この日はフォールで先糸を噛み切られたのが2回あったのですが、これはトラフグの可能性もあったような。

でも、姿を見なくちゃ、何とも言えませんね。


DSC_7123
終盤、K山さんがショウサイフグを連発的に2尾釣ったので、期待感が高まりましたが、やっぱり、それっきり。

う~ん・・・・


DSC_7125
船長も最後まで最善を尽くしてくれましたが、残念ながら、女神は微笑んでくれず、そのまま沖上がり時刻になってしまいました。

船長談「今期一番の撃沈でした」



釣果は、30cmのショウサイフグ 1尾。

外道は、サバフグ12尾くらい、ギマ1尾、トラギス2尾、ホタテウミヘビ1尾。

船中釣果は0~2尾とのことでした。


何とかしたかったけど、何にもできませんでした。

次回また頑張りましょ。


〈釣行メモ〉 (令和2年9月22日(祝) フグ釣り 於:鴨居港「きよし丸」)

【潮 汐】 満潮7:47、干潮13:27(中潮
【潮 色】 やや澄み
【天 候】 〔天気〕晴れ後くもり、〔風〕北東6m → 3mくらい
【釣り場】 大貫沖(水深8m前後)
【釣り座】 左舷トモ〔乗船者5名〕
【タックル】〔竿〕伝助君作の湾フグ竿、〔リール〕スティーレ101XG(レフトハンドル)、〔道糸〕PE0.6号
【仕掛け】カットウ仕掛けオンリー(ノーマル仕掛け)、オモリ約5.5~9号。
【釣 果】 ショウサイフグ 1尾(30cm)
【船中釣果】0~2尾